神戸の賃貸物件に契約する時に契約する火災保険

main-img

神戸の賃貸物件に契約する時には、初期費用が必要です。

初期費用としてよく知られているのは敷金や礼金、不動産会社への手数料や翌月分の家賃で、家賃の6か月分が一般的な目安とされています。神戸の賃貸物件に正式契約する時にはこの他にも必要な諸費用があり、そのひとつが火災保険料です。


神戸の賃貸物件は大家さんの大切な財産なので、借り手は家賃を払っていればどんな使い方をしても自由というわけにはいかず義務や責任が課せられます。
神戸の賃貸物件の借り手の義務や責任の代表は、善管注意と原状回復です。


善管注意というのは借り物の部屋を正しい注意をもって大切に取り扱うこと、そして現状回復は室内を元通りにして大家さんに返すことでその物件契約を解除して退去する時にその責任が発生します。
原状回復は部屋を元通りにする義務ですが、経年による劣化についてはその責任の範囲に含めず故意や過失によってできた損壊や汚れがその対象です。

原状回復の義務は、火災の際にも適用されます。
つまり、火事になってしまったら自分の責任として元通りに修復しなくてはならないということです。

神戸の賃貸の情報が必要な方必見です。

出火の原因が自分にはなく、いわゆるもらい火と言われる火事でも同様に原状回復が求められます。
火事になってしまった物件を自力で元通りにするのは現実的には困難なので、火災保険への契約が必須です。

神戸の賃貸物件に契約する際には、不動産会社から火災保険に契約するように指示があります。

今、注目の産経ニュース情報サイトを使用する機会が増えています。

物件は大家さんの持ち物ですが、借り手の立場で住宅部分の補償を得るために契約する火災保険は、借家人賠償特約付の火災保険です。



意外な事実

subpage1

神戸の賃貸物件に契約をしてそこに住む人には、いろいろな義務や責任があります。というのは、物件は大家さんの大切な財産を借りているものなので家賃さえきちんと支払っていればどんな使い方をしても自由というわけにはいかないからです。...

more

住宅の特徴

subpage2

神戸で賃貸物件探しをする時には、不動産会社のお店に行く前に希望条件を整理しておくのが効率的な物件探しの第一歩です。家賃の目安はそのひとつです。...

more

読めば解る

subpage3

神戸で賃貸物件を探すなら、不動産会社のお店に行くとたくさんの物件広告を閲覧することができます。お店に行く前なには、どんな物件を探したいかの希望条件を整理しておくと効率よく時間を使って理想にできる限り近い物件探しが可能です。...

more

よく解る情報

subpage4

神戸の賃貸物件に正式に契約の手続きをする前には、重要事項の説明があります。重要事項説明は、該当の神戸の賃貸物件の契約内容の全てについて宅地建物取引主任者の資格を持つスタッフが書面を使って行う説明です。...

more